夜のお店でもてる方法を探る

>

こんなお客は嫌われる

ちょっとした気遣い

遊ぶなら誰もが楽しみたいものですが、好感度を高めるようなポイントはあるのでしょうか。
もっとも基本的なことですが、「ありがとう」などのごく自然な礼儀も実は大きなポイントです。
サービスを受ける側だからと言って、露骨にお客様根性丸出しの人がいますが、これはどんな業種においても感じ悪いです。
こういう時にその人の内面がわかるとも言われますから気をつけたいものです。
感じのよいお客さんに無理になろうとするのも変ですが、「おいしかった」とか「ごちそうさま」とか、普段でも使う自然な御礼が好感度を高めるポイントのようです。
やはり基本的なコミュニケーションはとても大事ですが、こちらも心を開いて接すれば向こうも開いてくれるということではないでしょうか。
サービスを快く受けるためにもぜひ実践したいところです。

何気ない会話にも

こちらの意思をきちんとわかりやすく伝えられることも好感度が高まります。
サービスを依頼する場合も、何時何分、この場所でスマートに伝えられれば、この時点で感じの良い客としてもてなしてくれるかもしれません。
もちろん初めは緊張するものですが、そのような対応がこちらがちゃんとした客であることを伝えるためにも非常に重要だと思います。
これはどのような業種にも当てはまるものですが、電話口からでも人柄は伝わるものです。
しっかりとした依頼や受け答えで先方の対応も大きく異なるはずです。
怪しいと思われたら構えてしまいますし、楽しい場の空気も壊れてしまいますからね。
せっかく遊ぶのだから、楽しくサービスを満喫したいものです。
スタンスも大事です。


この記事をシェアする